株式投資に不安を感じる人のほとんどが、株に対して偏った知識を持っています。正しい知識を身に着けて安全な投資に挑戦してみましょう。

  • ホーム
  • 日本経済新聞等の株式非上場は傘下の他企業探し

日本経済新聞等の株式非上場は傘下の他企業探し

グラフ

株式投資をする上で日本経済新聞を購読するとたいへんためになります。
他の一般紙では載っていない記事や紙面の大きさ上、省略されているような経済情報も、日本経済新聞なら掲載しているからです。
ということで普段読んで勉強している人は多いですが、それなら日本経済新聞自体の株を購入し投資すれば安心ではないかと考えたくなりますけれども、それはできません。

日本経済新聞は上場していないからです。
どんなに有名なところであっても新聞社は株式を上場していませんが、それは不特定多数の人が株主になりますと報道の自由が保証できないからです。
こういう場合に考えられる策としましては、まずそこの傘下の中で上場しているところがないかを探すことです。

日本経済新聞の場合はいわゆる完全子会社の中にも上場企業はありませんが、系列のテレビ局が上場をしています。
よってここなら株を買って投資できることになります。
このテレビ局は日本経済新聞が31%ほどの株を保有していまして筆頭株主になっています。
なのでここへの投資をしますと日本経済新聞に投資していることにもできます。

このテレビ局の事業について見ますと、現在好調なのがアニメーション番組で日本国内のみならず世界中で高い評価を受けています。
アニメーションというのはそのビデオ化など多種の収益につながりますから、このようなコンテンツを持っているこのテレビ局はたいへん有利ということができます。
新社屋が完成していますし今後の新しい番組にも期待が持てます。

なおこのテレビ局の注目は株主優待です。
抽選で自社の公開番組に招待されるという優待品なのです。
このような優待があるのはテレビ局だけですので、この優待品はとても人気となっています。

サイト内検索
人気記事一覧